MENU

アマチュアドライバーのデモ走行

その昔、小型の外国車に乗っていたのですが、整備を依頼していた工場でサーキット走行会を行うということになり、自分も参加しました。
サーキットというと、鈴鹿サーキットのようにF1のレースをやるような大きなサーキットを思い浮かべるのですが、走行会は当然そのような所でするのではなく、その3分の1程度の規模のサーキットで行います。

 

一周2キロもない程度の小さなコースですが、そのころ乗っていたマニュアルシフトの車で10週も走るとくたくたになります。

 

普段から、クラッチを踏んだりする操作は普通にしているのですか、サーキット走行ではその頻度が半端でなく多くなるので、左足がパンパンになりました。

 

 

レースをするわけではないのですが、皆自分の前の車は抜いてやりたいし、後ろの車には抜かれたくないし、ということで、いい年の大人たちが追いかけっこをしているという、ほほえましい走行会です。

 

走行会では、10週程度の走行を2セットやったのですが、終わった後はしばらく動きたくなくて、駐車場で1時間程度休憩してから帰りました。

 

自分たちが走ってから、アマチュアドライバーのデモ走行がありましたが、やっぱり走り方に無駄がないなと感心しました。

 

そこのドライバーが言ってたのですけれども、ここで車を買取してもらったみたいです。

相場もわかって、高額で売れたって言ってたんですね。私も使ってみようかと思いました。
こんな便利な車の買取サービスがあったなんて知らなかったです。。。

10/10